スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

20世紀後半を代表するデザイナーたち…

aaa.jpg

神戸ファッション美術館で「コレクション展1960-2000年代のファッションサンローランからガリアーノ、マックイーンまで」を開催。
当店でも紹介しておりますジョン・ガリアーノやアレキサンダー・マックイーンの服が展示されるようです。

こちらの展示会は、神戸ファッション美術館の所蔵品を中心として20世紀後半を代表する約30人のデザイナーの約50作品を出品し、これ程多くのデザイナーの衣服を一堂に会するのは当館では初であり、大変意義深い展覧会になるとの事。

詳しくはHPに記載してありますので
ご興味がある人は足を運んでみては?

■神戸ファッション美術館
http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/special.html

text.マナティ
| カルチャー | 16:12 | - | - | - | - |

米国・アーカンソー州で腰パン禁止令議決が話題に

 ---
アメリカのアーカンソー州知事Mike Beebe(マイク・ビービー)氏が下着や臀(でん)部(=お尻)、女性の胸などを露出した学生の服装を禁止するという法案に署名したことが話題となっている。日本では「だらしない」と問題視されたこともあるが、ローライズデニムの流行もあり現在は"普通"の腰パン。アメリカではアーカンソー州だけではなく未だ服装の乱れとして問題視する声が多いようだ。

http://www.fashionsnap.com/news/2011-04-06/arkansas-koshipan/
---

服装の乱れとも言えなくもないけど、ファッションとしてなら問題ない気もしますよね。
正に紙一重な部分でしょう。

ちなみに自分は腰パンはしません(*_*)
| カルチャー | 17:25 | - | - | - | - |

ヴィトンとギャルソン

前回に引き続き、注目のコラボレーションをもう1つ。ビッグメゾンのルイ・ヴィトンとコム・デ・ギャルソン(以下CdG)がドーバーストリートマーケット跡地(南青山の骨董通り沿い)にルイ・ヴィトン・アット・コムデギャルソンというショップを3ヵ月限定でオープンするとのこと。
CdGデザイン、カスタマイズ、リエディションしたものが全部で6タイプ店頭に並び、それ以外にはCdGセレクトのヴィトンのバックが販売される予定だとか。

CdGといえば、今秋いよいよ日本に上陸するH&M(HENNES&MAURITZ)とのコラボレーションでも話題に。

いろいろと面白いものを見せてくれそうで個人的にはどちらも楽しみにしております。


vuitton.jpg

sample.jpg

※当店ではお取扱いはありません。

<フルーティ>
| カルチャー | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

BANFF Mountain Film Festival

banff.jpg

9月30日、BANFF Mountain Film Festivalという映画祭に行ってきました。アウトドア総合ブランドのパタゴニアが主催する映画祭で日本でのこの映画祭自体はまだ4年目だそうです。

BANFF(バンフ)とはカナダの地名で国立公園なんかもある観光でも有名なところで(まるっきり知りませんでしたが…)、本国ではもう30年も開催されている歴史のある映画祭のようです。当日券はSold Outでした。

どんなものが上映されるかというと、「最高のアウトドアスポーツのドキュメンタリー上映」といった感じです。素晴らしい映像が多く、飽きることなく楽しめました。

詳しくはこちらの2007年版のトレイラーを。

映画祭のオープニングではパタゴニア日本支社社長のビル・ウァーリンの挨拶もありました。パタゴニアはアウトドア総合ブランドではありますが、企業のこういった映画という別の分野やフィールドへのアプローチがよりブランドの質を高めているように思います。
東京での上映は終わってしまいましたが、名古屋、大阪などはこれからです。
興味がありましたら是非。

BANFF Mountain Film Festival

(フルーティ)
| カルチャー | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

9.17HERO'S

heros.jpg
去る9月17日、お仕事でお世話になっている方にHERO'Sに招待していただきました。これまで格闘技を生で観戦したことはなく、初めての体験でした。

まず、HERO'Sとは中量級の立ち技だけでなく、総合格闘技の世界一を決める大会だそうです。大会としては今のところまだヘビー級はないようです。

格闘技をライブ観戦ってどんなものかと思っていましたが終始無言になって観戦してしまいました。
よく考えると「ライブ 殴り合い」なんですよねぇ。
テレビで見ているとどっか緊張感がないのですが、音楽なんかもそうですが、やっぱりライブは「音」が違いますね。なんのフィルターも通してない生の「音」。
格闘技観戦、とても刺激になりました。

あ!またどうでもいいことを編集部ブログに…。
でもいいんです。
選手のユニフォームはアンダーウェアに非常に近いので。

ちなみにボクシングのアマチュア試合の場合、トランクスのベルトラインの色とランニングの色は同色はルール上禁止されているそうです。格闘技にも服装規定とかあるんですね。

(フルーティ)


| カルチャー | 03:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM